インプラント症例レポート

2011年10月 5日 水曜日

完璧な手術をめざして Vol,1

昨日インプラント埋入手術をしました。40歳、女性、上顎右側第二小臼歯の根破折症例です。OP前に20年生存率の説明をしました。ブリッジで約65%、インプラントで約90%です。治療方法は抜歯後インプラント即時埋入手術を選択しました。

10月2日、中村社綱先生の講演で、まさに類似する症例を先生が熱弁されていました。僕は、OP前のカンファレンスでスタッフを前にしてOPの説明をしました。『深さは約10mm、WPのアクティブを使って、上顎洞底を固定源にトルク値35〜70Ncmで埋入する。インプラント先端遠心はシュナイダー粘膜を挙上し、近心で上顎洞底皮質骨をしっかり捕らえ、規定のトルク値を得る。』
左上がそのとき書いたスケッチで、右上がOP後のX-Rayです。ほぼイメージ通りのOPが出来ました。抜歯後即時埋入なので、flapless、必要最小限の水平切開を加え、ノーベルアクティブWP5.0×10mmを70Ncmで埋入、頬側骨壁に小規模の裂開を認めたのでGBR併用し、1糸Naht、OPを終了しました。時間は40分でした。今や一歯欠損症例においてもインプラント治療がスタンダードになりつつあります。更に知識、スキルを磨いて患者様に予知性の高い治療を提供したいと考えています。
 


投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら