インプラント症例レポート

2012年9月25日 火曜日

ジルコニアカスタムアバットメント (Kr.2506)

ジルコニアで作られたカスタムの支台歯のことです。つまり歯を被せる前の土台にあたる部分です。CAD/CAMにより、ノーベルのプランターで基礎が作られ、テクニシャン(歯科技工士)が丹誠込めて作り上げたものです。

そしてこれから約三ヶ月間、仮歯を調整することによって歯茎の形態を作り上げます。(自然な歯茎の形はU字型ですね!)
 
6月1日にPRGFを併用した最初のインプラントOP症例です。歯茎の色艶よく健康な状態です。
 


投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら