院長ブログ

2013年2月27日 水曜日

三叉神経痛

三叉神経痛を患っていた患者様が本日来院されました。

平成21年夏のこと、50代女性の患者様が『右下奥歯が痛い。』と、来院されました。先ず、親知らずの虫歯治療をしました。でも痛い。親知らずだったので、この歯は抜きました。親知らずを抜くと今度はその手前の歯が痛いと訴えました。この歯も虫歯治療をしました。でも痛い。仕方なく、歯の神経を抜く治療をしました。この歯は痛みが落ち着きました。しばらくすると、神経の治療をした歯の手前が痛いと訴え始めました。もう支離滅裂です。痛い歯は全部抜いて下さい!
 
少し前から、三叉神経痛を疑っていました。痛みは特発性で一過性です。まさに神経痛の特徴です。でも三叉神経痛の絶対的な特徴、つまりValleixの3圧痛点とPatrickの発痛帯が全くありません。『痛い歯は全部抜いて下さい!』との訴えにカルバマゼピン(テグレトール)という三叉神経痛の特効薬を処方しました。すると、ぴたっと痛みが止まりました。三叉神経痛に気が付かなければ、歯が一本なくなり、二本、三本と患者様の言われるがままに歯を抜き、その多くを失ってしまうこともあるのです。

その後、この患者様は神経科に転院されました。4年経って、更に痛みがひどくなったので、先月、大学病院で三叉神経に癒着していた動脈を切り離す手術を受けられたそうです。その後全く痛みはなくなりました。ほんとうによかったです。\(^◇^)/



http://www.facebook.com/pages/ヒロデンタルクリニック/248908885149372

芝桜をクリックするとfacebookのページにアクセスできます!

投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら