インプラント症例レポート

2013年4月26日 金曜日

scallopを作り上げる(Kr.3476)

我々は歯茎のU字形にみえる歯牙との境界線をスキャロップと呼んでいます。ハイスキャロップ(U字の切れ込みが高い)であれば美しく、自然な歯冠を作り上げることができます。もちろん左右対称性も重要です。

インプラント治療の場合、手術で正しい位置にインプラント埋入した後、今度はハイスキャロップラインを作り上げなければなりません。

下の写真は昨年の9月に下あごに6本インプラントを埋入した患者様です。
http://www.hiro-dc.com/blog/2012/09/op-1-344307.html


術前模型        完成した最終補綴物

上前歯4本は、不良補綴冠を撤去、歯列不正歯を削合後、仮歯を作りました。レーザー光線、仮歯を調整することによって、3ヶ月の治療期間を経てスキャロップラインを作り上げたのです。そして今日、最終補綴物完成しました。

ちなみにscallopとは「ほたて貝」のことです!

 



投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら