インプラント症例レポート

2013年8月19日 月曜日

autobone graftによる顎堤形成術 (Kr.2071)

autobone graftによる顎堤形成術を行いました。つまりインプラントを埋入するための健全な骨の厚みがないので、患者様自身の骨を採取して、足らない顎堤(歯茎の土手)に移植しました。何故必要なのか!それはインプラントを近い将来入れ、健全かつ永続的に保つための前処置なのです。
 
そして創傷治癒の促進と成功率の増大のため、PRGF(成長因子)も一緒に補填しました。


投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら