院長ブログ

2013年9月 2日 月曜日

ソケットリフト法

上あごの奥歯は、歯を喪失するとインプラントを埋入する深さが足りなくなることがあります。そんなとき用いる簡便な方法で、上顎洞粘膜を挙上し、そこに骨を作り上げ、健全な長さのインプラントを埋入するためのテクニックです。
http://www.hiro-dc.com/blog/2012/03/socket-lifting-244205.html
何よりも健全な長さのインプラントを入れると予知性が向上します。
X線は右上大臼歯部、骨の厚み8mmです。2mm上顎洞粘膜を挙上し、10mmの長さのインプラントを埋入致しました。


投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら