院長ブログ

2014年7月27日 日曜日

3Dプランニングとサージカルガイド

CTを撮影し、そのデータ(DICOM)をコンピューターで分析することを3Dプランニングといいます。インプラント手術するとき、プランニングにより骨の形状、厚み、深さ、神経血管束、などを三次元的に適正に評価して、リスクを回避することができます。

もちろんコンピューターと手術のスキルが必要です。
更にプランニングによりどの部位に、何mmのインプラントを何本埋入するのか、決定されます。そして、その情報を3Dプリンターで作製したものがサージカルガイド(手術用ガイド)です。これはインプラントを埋入するポイントがくり抜いて作られています。つまり手術のときに、それを所定の位置に装着すると、コンピューターのシュミレーション通りに、ピンポイントで埋入できます。
 
歯茎を切らずに、腫れの少ない、低侵襲、低刺激で安全な手術ができます。もちろん当医院でも去年から導入しています。

投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら