院長ブログ

2014年11月22日 土曜日

写真拒否時代も経験!

中学生、高校生とカメラ小僧でした!
いつも出掛けるときは、必ずカメラを持参したものです。旅行に出かけても、カメラ。どこへ行ってもカメラ漬けでした。でもやがて、それが嫌になってきたのです。旅が旅でなくなり写真撮影になるからです。『旅は、五感を大事にし、体感すること。』『写真を撮って残すのではなく。実際に見て、脳裏に焼き付ける。』この方がはるかに大切だなと、考えるようになり、次第にカメラを遠ざけるようになったのです。そして大学時代は一枚も写真を撮ってません!

でも、やがて結婚し、子供ができると、また、写真が必要になってきました。子供の姿をしっかり記録し、親元を離れるときにその記録をプレゼントしようと思ったからです。

最近、スマホ、SNSの普及で誰でも、何処でも、簡単に写真を撮ることができます。綺麗なシーンは写真で残すこともよいですが、見て心に焼き付けることが重要だと思います。

『写真は一瞬の光と影の芸術だ。』


投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら