院長ブログ

2016年3月13日 日曜日

歯をなるべく抜かない歯医者?!

『歯をなるべく抜かない、削らない歯医者が、いい歯医者だ。』というのが風潮です。この言葉が一人歩きしている場合があります。実際、「なんでここまで悪くなっているのに、抜かなかったのだろう。」と、他医院から転院してきた患者様に疑問を感じることがあります。保存不可能歯だったら、そこに長い間置いとくだけで、周囲組織(歯茎と歯槽骨)を破壊し、抜歯後の処置が大変になることがあります。骨移植が必要になったり、無理してインプラントを入れても、清掃性に問題が生じ、長持ちしないからです。
「なんとかこの歯を残してくれ!」と、ある患者様に切願されます。なんとかできるなら、なんとかするでしょう!でも保存不可能歯だったら、どうするか。僕だったら、その患者様と時間を掛けてお話をして、その患者様の目先のQOL(quality of life)よりも、将来のQOLを考慮した治療計画を最も優先すべきであると、説明します。従って、逆に「1,2年しかもたない歯がある場合、治療計画の設計上、将来性に不利益をもたらすのであれば、早期に抜歯しなければならないこともある。と、考えます。
※QOL(クオリティ・オブ・ライフ)ここではその患者様にとって最適な生活を守る。と、いう意味

投稿者 ヒロデンタルクリニック | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら