綺麗なscallopをつくる(Kr.4476)/その7│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

  1. 川越市 ヒロデンタルクリニック ホーム
  2. 院長ブログ
  3. 綺麗なscallopをつくる(Kr.4476)/その7
2019.02.07
早速ですが、最終補綴物は、PIBジルコニアで作製することになりました。これは、ノーベルバイオケア社のCAD/CAMで作られる最高峰の補綴物です。ジルコニアとは、スペースシャトルの表面を覆う耐熱性のセラミックス材料として有名です。また、透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有するため、宝飾品としても用いられている。つまり硬くて丈夫で白くて透明度が高く綺麗なので歯の代替材料としてうってつけです。そして何よりも生体親和性に優れています。金属アレルギーをもっている方でも安心です。
綺麗なscallopをつくる(Kr.4476)/その7
1月9日:予め拵えておいたジグを装着し、ファイナル印象を採り、副模型を作製します。
綺麗なscallopをつくる(Kr.4476)/その7
1月23日:副模型を口腔内に試適し、歯冠形態、噛み合わせ、歯並び、色合いなどを決めます。
綺麗なscallopをつくる(Kr.4476)/その7
そして、明日、ビスケット仕上げを口の中へ装着し、最終確認をします。どうですか、この色合い、ジルコニアは本当にダイヤモンドにも引けを取らない輝きと艶が出ますね。そして、いよいよ次回が最終補綴物完成日です。