Wウィンドーを開けたサイナスリフト症例(Kr.1981)/完結編│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

  1. 川越市 ヒロデンタルクリニック ホーム
  2. 院長ブログ
  3. Wウィンドーを開けたサイナスリフト症例(Kr.1981)/完結編
2019.04.15
上顎洞の深度(厚み)は、1~5mmでした。従って、2ステージアプローチにて手術をしました。一回目の上顎洞挙上術は上顎洞に隔壁が存在したので、Wウィンドーを開け去年6月に手術しました。そして二回目のインプラント埋入術は10月に行いました。時間はかかりましたが、すべて順調でした。今日で4本ジルコニアを装着し治療終了です。永きにわたりこれからメンテナンスを行ってゆきます。
Wウィンドーを開けたサイナスリフト症例(Kr.1981)/完結編
10月に作製した診断用ワックスアップです。つまりこれが完成予想模型になります。
Wウィンドーを開けたサイナスリフト症例(Kr.1981)/完結編
出来上がったフルジルコニア。ほぼ診断用ワックスアップと同じ形態です。
Wウィンドーを開けたサイナスリフト症例(Kr.1981)/完結編
そして口腔内装着した写真です。ジルコニアセラミックは、生体親和性が抜群に良い材料です。歯肉とヘミデスモ結合をし、細菌感染から守ります。