ガイド手術の優位性│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

2019.11.22
50代の女性、小学生の時、右上前歯の根管治療を行って、長く保たせてきました。しかし、縦に亀裂が入り、保存ができない状態です。治療方針は、抜歯即時インプラント埋入し、即仮歯を作製、インプラントが根付いたら、ジルコニア冠を装着する予定です。
ガイド手術の優位性
3Dプランニングを行うと、骨幅は非常に薄く、約4.5mmしかありません。標準のインプラント径は4~4.5mmです。少し細いタイプのインプラント(∅3.5mm)をチョイスしても、ご覧のようなシュミレーションとなりました。
ガイド手術の優位性
フリーハンドでインプラント埋入術を行うのは、至難の技です。こんな時頼りになるのが、サージカルガイドです。スリーブと呼ばれる、リング内に沿って、インプラントを正確に埋入するのです。今日は、このサージカルガイドの恩恵を受け、仮歯まで、予定通り手術を行うことができました。