最初の免疫は、口腔粘膜のウォールバリアです│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

  1. 川越市 ヒロデンタルクリニック ホーム
  2. 院長ブログ
  3. 最初の免疫は、口腔粘膜のウォールバリアです

最初の免疫は、口腔粘膜のウォールバリアです

2020.07.30

PCR検査陽性=新型コロナ感染者(COVID-19)ではありませんPCR検査は、鼻腔、口腔から採取した検体から新型コロナウイルス存在の有無を調べる検査です。そして感染とは、細胞内に微生物が侵入し、増殖し、人体に危害を加えることです。


つまり新型コロナ陽性とは、血液を採取し、血中に増殖しているウイルスを確認して始めて陽性と確定診断されるのです。あくまでPCR検査は、スクリーニングテストです。その結果で一喜一憂すべきではありません。


人間のウイルス防衛システム(免役)は優れています。このシステムは自然免疫と獲得免疫があります。まず、体内にウイルスが侵入すると、自然免疫機構が発動します。マクロファージ、樹状細胞、白血球、NK細胞等の貧食細胞と呼ばれる細胞がウイルスを食べ、感染しないように努めます。でも、この防衛システムが許容範囲を超えると、次に発動する更に強力なシステムが獲得免疫です。この免疫機構の主役は、先ほど紹介した樹状細胞です。この細胞が起点となり、取り込んだウイルスの情報をヘルパーT細胞とキラー細胞に伝えます。ヘルパーT細胞は抗体を作る命令を出し、キラー細胞はその名の通り、ウイルスを見つけ出し総攻撃します。


一般的に抗体は体内に長い間情報として残ります。次に同じウイルスが進入してきてもその抗原に対し特異的にくっついて、攻撃し、更に合図を送って他の免疫細胞を集結させ、攻撃の起点を作るのです。これが獲得免疫の仕組みで、抗原抗体反応と呼ばれています。


さて、免疫には自然免疫と獲得免疫があると説明しました。実は、ウイルスが体内に侵入する前に活躍する第一段階の自然免疫機構があります。それはウォールバリアです、つまり、口腔粘膜と鼻粘膜なのです。ウイルスはどこから侵入しますか!鼻と口です。口腔粘膜は何層もの細胞壁に覆われ、唾液の浸潤があります。健康な歯肉、口腔粘膜であるなら、ウイルスは容易にこのウォールバリアを突破できません。マスクを付ける、三密にならない、ソーシャルディスタンスをとる。そして忘れてはならないこと、それは口の中の健康です。

最初の免疫は、口腔粘膜のウォールバリアです
上の写真は、当医院で行なっている新型コロナウイルス抗体検査の様子です。