先天性欠如歯│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

2020.12.26

はっきりとした原因は不明ですが、生まれつき歯の数が足らないことがあります。先天性欠如歯といって、その発生頻度は、日本人で、約10%、やや女性に多いのが特徴です。一番多く欠如する歯は、下顎の奥から三番目の歯です。

先天性欠如歯

上のレントゲンは、20代の女性、下顎奥から三番目の歯が両方ともありません。インビザライン矯正治療を行って、歯列不正を改善したのですが、2本不足すると咀嚼能率が悪いのではないかと心配しています。

先天性欠如歯

こちらのレントゲンは、現在インビザライン治療中の高校生の女の子、歯並びは綺麗に揃ったのですが、やはり、両側の奥から三番目の歯がありません。欠如部位には、乳歯が残存しています。しかし、いつ抜けてしまうかわからないほど歯根が弱っています。抜けたら、インプラントを入れる予定です。

先天性欠如歯

3枚目のレントゲンも女性の患者様です。やはり右下奥から三番目の歯が生まれつきありません。中学生の時、保険のブリッジを装着されました。しかし20数年後に支台歯内部に虫歯が発生し、神経の治療をしました。安心のできる治療を希望されたので、欠如部には、インプラント治療を行いました。

先天性欠如歯
こちらがインプラントを入れた手術直後の写真です。そしてインプラントが根付くのを待ち、両隣在歯も含め、ジルコニアセラミックを装着しました。

当医院のモットーは、長い間、安心のできる治療を提供することです。
先天性欠如歯