抜歯窩温存術│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

2018.10.06
他の呼び名は、抜歯窩保全術、歯槽堤温存術、顎堤保存療法など様々な呼び名が存在する。
海外の学会でも以前は、socket preservationと言っていたが、近年では、ridge preservationあるいは、socket augmentationと呼ばれている。

抜歯をすると歯肉、歯槽骨を含めた歯を支えている組織は失われる。つまり顎堤は痩せてくる。従って、抜歯直後に、コラーゲン、成長因子、骨補填剤等を用いて、組織をなるべく失わずに、しかも早く治癒させるための術式です。抜歯後にインプラント治療をするときに、有意義な治療方法です。当医院では、成長因子(PRGF)を用いた抜歯窩温存術を行っています。

抜歯窩温存術
上記、図解は一般的な抜歯窩温存術の術式です。