3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)│院長ブログ│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

院長ブログBLOG

  1. 川越市 ヒロデンタルクリニック ホーム
  2. 院長ブログ
  3. 3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)

3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)

2018.10.15
もちろん、歯科界でもデジタル化の波は、新しいテクノロジーとして浸透しています。

当医院でのインプラント治療は、このようにデジタル化しています。
先ずは、診断用模型とCTを重ね合わせたデータを3Dプランニング(3D planning)する。3Dプランニングとは、コンピュータ上で理想的な位置にインプラントを設計することです。
3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)
3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)
そしてサージカルテンプレートを作り、それを用いてインプラント手術をします。これこそがガイデッドサージェリー(guided surgery)と呼ばれ、安全で安心、そして、低侵襲な手術が可能です。慣れると手術時間の短縮につながります。(下記の写真がサージカルテンプレートです)
3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)
こうして出来上がった補綴物こそが、美しく、機能的で、長持ちします。
3Dプランニング(3D planning)とガイデッドサージェリー(guided surgery)
この一連の治療方法は以前はトッップダウントリートメントと呼ばれていました。今では、3Dプランニングし、サージカルテンプレートを作り、ガイデッドサージェリーで手術する。そして出来上がった補綴物は、CAD/CAMで作製するジルコニアが主流となっています。つまり、ほとんどの治療過程がデジタル化しています。もうすぐ、AIロボットによって、インプラント手術をする時代が到来するでしょう!