ホーム > 治療科目 > インプラント > 静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

痛がり、怖がりの方へおすすめの麻酔法

<静脈内鎮静法>
点滴によって麻酔薬を注入し、意識はあるけど眠くて気持ちがいい状態(夢心地気分)を作り出し、歯科治療の不安、恐怖心を取り除き、安全にインプラント治療や外科手術を行う麻酔法です。


<こんな方におすすめ>
○歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方

○歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたことのある方

○高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な方

○嘔吐反射が強い方(お口の奥に器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方)

○リラックスして、楽に歯科治療を受けたい方

少しでも心配な方はお気軽にお申し付けください。
静脈内鎮静法をやるだけで、安心して治療にのぞんでいただけると思います。


静脈内鎮静法の効果と厳守事項

<静脈内鎮静法の効果>
○不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。

○血圧や脈拍が安定します。
  処置中は生体モニターを使って、患者様の状態を常に監視するので、
  持病を抱えている方でも安心して治療を受けることができます。

○健忘(けんぼう)効果があるため、実際より処置時間が短く感じられます。
  また、いやな治療でも記憶に残らないことがあります。

○痛みに対する感覚も薄れるので、処置中は痛みに対して鈍感になります。

○点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応することができます。


<厳守事項>
○風邪などで体調がすぐれない場合には、事前に連絡してください。

○処置当日は、処置開始4時間前から飲んだり、食べたりできません。
 これは、処置中に嘔吐した場合、吐物が気管へ流れ込むのを防ぐためです。必ず守ってください 。

○処置当日は、締めつけの少ない楽な服装でおいでください。また、全身状態を正確に把握するために、化粧、
 マニュキュアは落としてください。コンタクトレンズは、処置中は外してください 。

○帰宅の際、自動車、バイク、自転車など、ご自身での運転は避けてください。
 公共交通機関をお使いいただくか、もしくは付き添いの方による 送迎をお願いします 。

○帰宅後、再び眠気やふらつきが出ることがあります。その場合は、無理はせずに横になってお休みください。

○処置後当日はできれば付き添いの方と過ごされてください。

静脈内鎮静法の実際と全身麻酔との違い

処置当日までに
あらかじめ、全身の健康状態についてお話をうかがいます。
高血圧症や糖尿病などの全身的な病気をおもちの方では、必要に応じて内科主治医の先生に現在の状態やお薬の内容などをお聞きします。


処置当日
○お身体の状態について簡単にお話をうかがいます。
  心配なことがあれば、何でもお聞きください。

○血圧や呼吸を監視する簡単なモニターをつけます。
   家庭用の自動血圧計とほぼ同じものと考えてください。

○点滴から少しずつお薬を入れます。

○お薬の効果を確認して、必要に応じてお口の中に痛み止めをします。

○終了後、眠気、ふらつきがなくなるまでお休みいただきます。


<処置当日>
全身麻酔は意識が無くなり、麻酔医が呼吸を管理します。鎮静法は意識があります。術者の問掛けにも答えることが出来ます。また、麻酔から覚めるのも速く、術後少し休憩を取ってから帰宅します。