ホーム > 治療科目 > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

虫歯治療、歯周病・歯槽膿漏治療、抜歯、炎症処置、知覚過敏 などの治療を行います。
虫歯や歯周病は自然に治ることはありません。痛くなくても虫歯は進行しており、痛くなってからでは削ったり抜いたりといった処置が必要になってきます。
つまり虫歯も歯周病も「早期発見・早期治療」が大切です。
定期的に検診や診断を受け、早めに治療を受けましょう。

 

歯科治療には一般歯科学を融合した治療方針を組み立てる必要があります

成人歯科においては、下記で示す治療計画表に従い治療方針を決定します。
もちろん、その患者様の疾病の程度、環境、ニーズによって、カスタマイズしなければなりません。

高齢者、小児では多少コンセプトが違います。
高齢者は、無歯顎だったり、高齢者特有の疾病を抱えています。
また、小児においては、乳歯から永久歯に生え変わるので、後続永久歯を誘導し、自然で美しい永久歯列を完成させなければなりません。

老化と成長に合わせて対応する必要があります。
 
■ヒロデンタルクリニックの治療計画表(クリックすると拡大します)■


治療計画表について説明を致します。まず歯周病をコントロールすることを基本としています。
そして根管治療、歯冠修復、補綴治療、更には口腔外科と、矯正にも精通していないと、治療計画を組み立てることができません。大学病院のように分業制を掲げているところもあります。

でも、統括責任者(主治医)がいなければ上手くいかない場合もあります。
我々開業医は患者様のために、すべての歯科学に広くそして深い学識とテクニック持ち,そのエビデンスに則った治療をしなければなりません。

一般歯科学について

歯周病治療

歯周病治療 成人の約80%が罹患してるといわれています。先ず歯周病菌を歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス等でコントロールします。
そして歯石除去、ポケット掻爬を繰り返し、改善をはかってゆきます。

重症の場合は、歯周病組織再生術、歯肉切除術等の歯周外科術を施行します。増悪因子として喫煙、糖尿病、食生活、有害な歯ぎしりがあります。

 

根管治療(歯内療法)

根管治療(歯内療法) 根の治療のことです。虫歯が進行し、歯冠が崩壊、神経が細菌等に冒されたとき、神経を抜いたり、感染された根管内を無菌的にして、根管材により密閉しなければなりません。
根の形態や形状によっては完治が難しい場合があります。

根管治療後は、詰め物をしたり、被せ物をして修復します。
最近ではマイクロスコープ(顕微鏡拡大装置)によって、より確実に根管治療が行われるようになりました。

 

歯冠修復

虫歯によって壊れた歯冠に詰め物を入れたり、また、部分金属を作製し、セメントで取り付けて治すことです。
歯の神経を守ること、修復物が取れない形態、壊れない厚みにすることなど、術者のテクニックが必要です。

近年では、保険外になりますが、セラミックで審美的に修復できるようになりました。

歯冠修復 歯冠修復
歯冠修復 歯冠修復

補綴治療

クラウン(被せ物)をすることを補綴治療といいます。
また、歯を失い、その欠損部位を補う治療を、欠損補綴治療と呼びます。
インプラント治療、ブリッジ、入れ歯治療の3つに大別されます。

但し、一度選択したら、変更することが難しいので、保険が利きますか?
ではなく、あなたにとって、最善の選択肢は何なのか?と、いう観点から熟考して頂きたいと切に思います。

インプラントイラスト ブリッジイラスト 入れ歯イラスト

口腔外科

下記URLをクリックしていただき、口腔外科のページを参照ください。

矯正

下記URLをクリックしていただき、矯正治療のページを参照ください。


 

その他

内科学、外科学、放射線学、麻酔学、耳鼻咽喉科学、公衆衛生学等すべての関連医学をもって施術をなす。