ホーム > 治療科目 > 口腔外科 > 口唇と口腔粘膜疾患

口唇と口腔粘膜疾患

口唇と口腔粘膜疾患

口唇と口腔粘膜症の症例① 口唇と口腔粘膜症の症例②

口の中には無数の唾液を作る小さな器官がある、それが貯留してできた「粘液嚢胞」、同じく血管が貯留してできた「血管腫」、前癌病変となりうる「白板症」、「扁平苔癬」。これらは診断がはっきりした病変です。

更には、体調の変化に敏感に反応するのが、口の中の粘膜なんです。水泡、びらん、潰瘍、など全身疾患の一症状として現れることもしばしばあります。

ご心配なことがありましたら、口腔外科専門医に相談することをお勧め致します。