ホーム > 治療科目 > インプラント

当院のインプラント

当院のインプラント
インプラントイラスト

歯を失ってしまった方へ、当院ではインプラントこそが最善の選択肢であると考えています。それは、義歯やブリッジでは対応できないケースや歯周組織の進行抑止など、インプラントにしかできないことがあるからです。

そのため当院では、患者様のいかなるニーズにも対応できるようにあらゆるオプション、テクニックを取り揃え、トップダウントリートメントという高度なインプラント治療を行っております。
その上で、キレイで健康な歯ぐきと傷の治癒のため「PRGF」という再生医療を、そして治療の痛みや恐怖が苦手な人のために「静脈内鎮静法」という麻酔術を導入しております。
※なお、当院ではノーベルバイオケア社のインプラントを使用しております。

 

 
「インプラント」は、歯を失った患者様に最も必要な治療法です。

歯を失う原因を知っていますか?
歯を失う原因は、「虫歯」「歯周病」、それと見逃してはいけないのが「かみ合わせのトラブル」です。
歯ぎしり、不正な咬合力が虫歯または歯周病で弱っている歯に作用すると、歯が崩壊し、そして喪失してしまうのです。

そして当院では、患者様にとって「インプラント」が歯を失ってしまった場合の治療法として、最良の方法であると考えています。


「インプラント」はどのようにして歯を失った際の最善の治療法となったのか、そして院長が考える「インプラント治療の意義」とは。それぞれ下記よりご覧下さい。

インプラント治療の変遷 >>インプラント治療の意義 >>

インプラント治療に対して不安な方、もっと詳しく知っておきたい方に是非おすすめです。

当院のインプラントの特徴

特徴1・美しく、機能的で、長持ちする「トップダウントリートメント」トップダウントリートメント

当院のインプラント治療はノーベルバイオケア社のインプラントを使用して行います。
そして、歯を失ってしまった方にあらかじめ理想的な歯の形と歯並びの造形をご覧
いただき、その上で理想的な位置にインプラントを埋入するという治療方法をとって
います。この治療方法では、以前歯があったとき以上に美しく機能的に歯根、歯冠、
そして歯周組織を含めて再生していきます。

トップダウントリートメントの詳細はこちら


特徴2・短期間治療とキレイで健康な歯ぐき「PRGFシステム(再生医療)」PRGFシステム

PRGFとは、スポーツ医学、形成外科、美容整形外科、皮膚科、眼科など様々な
分野に臨床応用されているのものです。患者様の自己血から成長因子を抽出し、
これをインプラント治療に応用することで、従来よりもより短期間で治癒し、
歯ぐきもキレイで健康的な状態になります。

PRGFシステムの詳細はこちら


特徴3・痛がり、怖がりの方へおすすめ「静脈内鎮静法」静脈内鎮静法」

静脈内鎮静法とは点滴により麻酔薬を注入し、意識はあるけど眠くて気持ちがいい
状態(夢心地気分)を作り出し、歯科治療の不安、恐怖心を取り除き、安全にインプ
ラント治療や外科手術を行う麻酔法です。
痛みに対する感覚も薄れるので、処置中は痛みに対して鈍感になります。

静脈内鎮静法の詳細はこちら



1991年、ミネソタ大学に留学した当時のcase集です

■cace1

小学校6年生女児治療前   
   

 
 
■cace2

小学校5年生女児治療前 
■cace3

小学校6年生男児治療前  


 
■cace4

24歳成人女性治療前  
■cace5

26歳成人女性治療前  
 
■cace6

26歳成人女性治療前  
  
   
   
   
 
 
■cace7

26歳成人女性治療前 
 
 
■cace8

26歳成人女性治療前  26歳成人女性治療後 
    
 
■cace9

26歳成人女性治療前  
  
 
■cace10

26歳成人女性治療前  
1990年代初め、すでにミネソタ大学ではアカデミックなインプラント治療が行われていました。
温故知新という言葉があるように、これらの症例を時々見直して、未来に向かってステップアップしたいと考えています。今、見てもそのくらい価値ある症例集です。