ホーム > よくある質問

よくある質問

医院に関する質問

予約をしないと診てもらえないのでしょうか?

そんなことはありません。ただ、予約の患者様で混んでいる場合は少しお待ち頂くことがあります。

駐車場はありますか?

10数台分あります。当医院では車で通院する患者様が多いです。

夜は何時まで受け付けてもらえますか?

診療時間は7時半まで、受付終了時間は7時です。

子供を連れて診察を受けに行ってもいいのでしょうか?

もちろんです。

衛生面が気になるのですが大丈夫ですか?

ご安心下さい!当医院では、高圧滅菌器(ケミクレーブ)とガス滅菌器を導入しています。熱に弱い治療器具もガス滅菌器で消毒しています。衛生面には最も気を配っています。

服用している薬がある場合、初診の段階で伝えるべきでしょうか?

初診時に問診票が用意しています。そちらにご記入頂くか、スタッフに申し出て下さい。

インプラントに関する質問

インプラントは高齢者でも可能ですか?

昨年の最高齢者は、83歳でした。元気に通院出来る方なら、何歳でも大丈夫です。インプラント治療が終わった高齢者の方は、行う前より元気になった気がします。(スタッフ一同)(*^o^*)

インプラント治療に痛みや腫れはどの程度伴いますか?

インプラントを手術する部位によって、多少異なりますが、痛みはあまりありません。腫れは手術の刺激によるもので、心配ありません。

インプラントの治療期間はどの位ですか?

これも症例によって異なります。上あごで手術後4ヶ月、下あごで手術後3ヶ月経過を待ちます。これが目安です。

保証はありますか?

5年保証致します。

全く歯が残っていない場合でもインプラント治療はできますか?

もちろんです。特に欧米では積極的に行っています。高齢になって入れ歯で苦労する患者様が大勢います。
歯を失ったら、早期にインプラント治療することでこれ以上歯を失わないですみます。

インプラント治療を受ける時どにようにして医院を選択したらよいですか?

インプラントに力を入れている評判のいい所を調べたり、人から聞いたりして選んで下さい。(^-^)

矯正治療に関する質問

子どもの歯並びが気になるのですが、矯正治療はいつ頃始めればいいですか?

子どもは指、舌、唇などの不良習癖や口の周りの筋肉、咀嚼筋などの不均衡で 歯並びが悪くなります。このような不良習癖を止めさせたり、顎に関係ある筋肉の訓練をするだけで治る場合もあります。つまり、小さいうちから歯科検診させることが重要です。
また、乳歯から永久歯に生え変わる時期は、顎も発育します。この時期だからできる顎機能誘導装置を使って永久歯列を奇麗に作り上げる治療方法もあります。(すると顔も奇麗に整います)



矯正治療の痛みに子どもが耐えられるか心配なのですが?

それは大丈夫です。大人より子どもは柔軟性があります。♪(*^ー゚)v



矯正装置の装着時でも、通常通り食事や会話ができますか?

取り外し式装置では、はずして食事します。
歯に直接つけるタイプの装置では、早く慣れて下さい。   Oh,Cool!



矯正治療後に歯が元に戻ることはありますか?

基本的には元に戻ろうとします。ゆえに後戻りするのを防ぐ期間が保定期間といい、保定装置を入れます。
これを合わせて矯正治療です。



ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングはどれくらいで治療が終わりますか?

歯のホワイトニングとは歯の表面についた歯石やステイン(タバコの汚れ、ワイン、コーヒー等の着色)をクリーニングし仕上げ研磨処理することです。専門用語でPMTC(Professional Mechanical Teeth Cleaning)といいます。その後漂白剤を使ったブリーチングを行います。つまりPMTCとブリーチング合わせてのホワイトニングは3~4回通院が必要で、ブリーチングに要する時間は2~3時間です。



ホワイトニングの効果はどれ位続きますか?

患者様の嗜好品、歯質、口腔内環境によって左右されますが、おおむね3~6ヶ月くらいです。



ホワイトニングは歯にダメージがありませんか?

歯にはダメージありません。しかし、ブリーチング剤は、過酸化水素水(つまりオキシドール)の非常に濃度の高いものが本体です。従って、薬剤は皮膚や粘膜についたりしないよう、特に目に入ると非常に危険なので、注意深い取り扱いと慎重な処置が必要です。



ホワイトニング後に気をつけることは何ですか?

ブリーチング直後はコーヒー、ワイン、コーラ、カレーなどの色素が、逆にしみこみかねません。
2週間ほど色物は避け、フッ素入り歯磨きでまめに汚れを落とします。



ブリーチングで歯が白くなるわけは?

漂白剤は歯の表面0,2~0,3mmエナメル質に進入し、その間にある汚れや色素を直接強力に脱色します。それ以上内部には効果は及びません。ところが気になる歯の色はもっと奥、象牙質の色の悪さが表に透けて見える場合が多いのです。しかし一方ではこの強力な漂白剤は進入したエナメル質を“すりガラス状”に変えます。このすりガラス効果は奥の色を遮断し、間接的に歯を白く見せます。
この二つの効果で白くなるのです。



審美歯科に関する質問

セラミックと保険診療の材質では、どのように違うのですか?

世界的にはジルコニアオールセラミックが主流になっています。 審美的に優れ、硬く身体に良い材質です。また、金属を一切使用しないので金属よる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がありません。
保険のさし歯は、中身は金属で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(差し歯)です。要はプラスチックなので色、艶がなく、変色し易いです。


審美歯科で治療した歯はどのくらいもつのですか?

人間の歯茎は加齢とともに退縮します。平均値は1年で約0.1mm、つまり10年で1mm歯茎が下がってきます。ゆえに15~20年くらい経つと、歯と歯茎の境目に少し違和感が出てきます。


審美歯科の被せ物であれば虫歯になりませんか?

被せ物をどんなに精密に作り上げても、被せ物を削った境目には段差が生じます。ここから、虫歯が発生し易いのです。なので、審美歯科を施した後は、しっかりとケアして下さい。


アクセス


大きな地図で見る

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場565-1

的場駅


平日 9:30~12:30 / 14:30~19:30
土曜 9:30~12:30
休診日 木曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら