口腔外科│川越市にあるインプラント・矯正・インビザラインの歯科・歯医者ならヒロデンタルクリニック

何でもお気軽にご相談ください

049-232-4432

049-232-4432

初診専用WEB予約

口腔歯科ORALSURGERY

口腔外科とは

WHAT'S ORALSURGERY

口腔外科とは

口腔(口の中)、顎ならびに隣接組織の疾患を扱う領域です。口腔内は歯が原因となるものに限らず、身体の不調により発生した腫瘍など、さまざまな疾患が発生します。また、交通事故やスポーツによる外傷なども含まれます。

当院の口腔外科の特徴

CHARACTERISTIC

当院の口腔外科の特徴

当院の院長は、顎顔面口腔外科(Oral & Maxillo-Facial Surgery)という概念を勉強し培ってきました。それにならい、歯、口腔ならびに顎、顔面、頚部に発生した疾患の診査、治療を行なっています。

埋伏智歯(顎の骨の中に埋まった親知らず)の抜歯だけでなく、口腔粘膜に生じる嚢胞、腫瘍の治療など、幅広く口腔外科の症状に対応しています。詳しくは対象疾患の項目をご覧ください。

対象疾患

TARGET

親知らず

現代人の顎は退化の一途をたどっています。そのため、一番奥に生えるべき親知らずが斜めに生えたり、真横(水平)に埋まったりしている患者さまが多く見られます。親知らずを歯として活用している方は、100人のうち5、6人くらいだと思われます。

磨きづらい親知らずは虫歯になりやすいために腫れあがったり、痛んだりすることがあります。さらには、前方にある第二大臼歯の植立状態を悪くしてしまいます。

こうした、歯として機能していない親知らずは抜歯します。抜歯術は的確な診断と知識、そして豊富な経験が必要です。当院ではすべての抜歯術に対応できます。

顎関節症

顎関節症の症状は、顎の関節雑音(クリック音)、口が開かない、痛みの3つが挙げられます。

さらに細かく分けていくと、顎関節周囲筋の筋肉痛型(I 型)、「うちみ」「ねんざ」型(II 型)、関節円板の位置異常による関節内症型(III 型)、顎関節を構成する骨の変形型(IV 型)、それ以外のタイプ(V 型)の5つに分類されます。

当院では、患者さまの症状がどの分類にあたるか診断したうえで、スプリント(マウスピース)療法、薬物療法、開口訓練などの治療を行なっています。

外傷

外傷でもっとも多いのは、歯の破折や破損です。こうしたケースは歯冠修復、歯内療法によって治療できます。

次に多いのは、歯牙脱臼です。これは、健全な歯牙が転倒や事故で抜けてしまうことを指します。抜けた歯を迅速に整復し固定することで、もとの状態に戻ることもあります。

そのほか、顎骨骨折の非観血的整復術、舌や口唇の裂傷を縫合する処置なども行なっています。

炎症

親知らずや虫歯をそのまま放置すると、その周囲が炎症を起こす場合があります。これが、炎症の中でも最も症例が多い化膿性炎症です。

はじめは膿瘍形成(原因歯周囲が膿むこと)による限局した腫れですが、それが進行すると、骨膜炎→骨髄炎→蜂窩織炎→敗血症→菌血症へと移行し、重症化してしまいます。

症状が重い場合は点滴により抗菌剤の投与を行ないますが、炎症が進まないうちに早期に手当てをすることが重要です。

嚢胞

身体に袋状のものができる嚢胞は、炎症により流出した液体を貯留するように皮膜ができ、中に閉じ込めようとすることによって発生します。
口腔外科領域の嚢胞は、歯に関係ある(歯原性)嚢胞と歯に関係のない(非歯原性)嚢胞、さらには軟組織にできるものと骨内にできる嚢胞に分類されます。
こうした分類は嚢胞の発生部位により分かれますが、成り立ちはすべて同じです。

治療では、皮膜を破らないよう慎重に嚢胞を摘出します。
大きくなりすぎたものは、ドレーンを入れて内圧を下げ、縮小させてから摘出します。

腫瘍

腫瘍とは、その場所にあってはならない細胞が増殖、あるいは変化してでき上がった組織の塊のことで、良性と悪性に分かれます。
良性腫瘍の場合は、利便性を考えて当院で処理するケースがほとんどとなります。悪性の場合は、近隣施設、大学病院を紹介しております。

口唇と口腔粘膜疾患

口の中には、唾液をつくる無数の小さな器官があり、そこで唾液が貯留してしまうと袋状のものができます。これを「粘液嚢胞」といいます。同じく血管が貯留すると「血管腫」と呼ばれる症状が起きます。そのほか、前癌病変となりうる「白板症」、「扁平苔癬」といったものも口腔内で起こりえます。

また、ストレスなどによる体調の変化により、口腔内に水泡、びらん、潰瘍といった症状が現れることもあります。こうした症状は、口内の粘膜が身体の変化に敏感に反応するために起こると考えられます。

唾液腺疾患

口腔内には無数の小唾液腺がありますが、そのほかにも舌下腺、顎下腺、耳下腺という大きな器官も唾液をつくっています。こうした器官も、腫瘍や嚢胞、炎症といった症状を起こすことがあります。

また、大唾液腺からは、口腔内へ唾液を流出するための管が伸びていますが、その管に石ができたり、腫瘍が発生したりすることもあります。

神経疾患

口腔領域で見られる神経疾患には「顔面神経痛」と「三叉神経痛」があります。とくに三叉神経痛は、腫瘍による圧迫など原因が特定できるタイプと、突発的に発症する原因が特定できないタイプがあります。

こうした症状に対しては、Patrickの発痛帯やValleixの圧痛点などの臨床症状から診断します。特効薬として知られるカルバマゼピン(テグレトール)などを処方することがあります。

さらに詳しく見る

  • 症例集

    当院で治療を行なったインプラント、歯列矯正の症例をご紹介します。

    症例集
  • 治療費

    インプラント治療やその他治療にかかわる処置の料金についてご紹介します。

    治療費
  • お問い合わせ

    治療に関する疑問やご相談がありましたらお気軽にご相談ください。

    お問い合わせ